3D Point Studioは、このような課題を解決します

目的エリア周辺の点群データを探す作業に時間を要する

  • 点群データが記録されたハードディスクをパソコンに接続し、LASデータファイルを探して、ソフトウェアをインストールして、やっと読み込み開始・・・
  • 1ファイル単位の計測エリアが異なり、どのファイルを読み込めばよいか分からない・・・
  • ソフトウェアで点群データを表示しても、今どこを表示しているか分からない・・・

目的地物がどこにあるかわからない

  • 点群データは意味を持たない点の集合に過ぎず、各点に意味を付与しなければ使い勝手が悪い・・・

いつだれがどのような機器を使用して計測したものか分からない

  • 計測機器の進化は著しく、点群データの計測密度や精度も年々向上しており、過去のデータ特性がわからなければ比較に値するかも判断できない・・・
ページトップへ