Flexible Bootstrap Carousel

点群データの属性管理仕様【道路編】

本仕様の公開先

本仕様は、JACIC社会基盤情報標準化委員会小委員会の2017年度検討テーマ「建設ライフサイクルにおける構造物の特徴を考慮した点群データ管理の標準化手法の開発」の活動成果です。
  URL:http://www.jacic.or.jp/hyojun/2017shouiinnkai-02.html   

  

本仕様は、国土交通省社会資本マネジメント研究センター社会資本情報基盤研究室で公開されています。
  URL:http://www.nilim.go.jp/lab/qbg/standards/standards.html#road-data   

本仕様の標準化内容

本仕様は、航空レーザ、MMSやUAVなどが計測した点群データに対して、各点群データがそれぞれ何の地物を示すかを属性情報として付加する。 点群データへの属性付与のイメージを図に示す。

点群データへの属性付与のイメージ

図に示す通り、点群データに対して、照明や道路標識、路面などの属性情報を付与する。

本提案仕様では、道路管理や点群データ解析の技術者、点群データ解析ソフトウェアのベンダーへの利用促進を図るために、「属性データのデータ構造」と、「道路地物毎の属性データの指定方法」を定義する。 このことにより、点群データを解析するソフトウェアにおいて、同様の処理にて道路地物単位の点群データを抽出可能となり、今後の点群データ活用の可能性を拡大することができる。

点群データの属性管理仕様の全体像

点群データの属性管理仕様の全体像を図に示す。

幾何データと属性データの関係

図中の点群メタデータは、計測機器より取得した点群データの計測日や計測機器等の情報を保持するXML形式のデータファイルである。 領域データファイルは、複数の領域データと領域メタデータのセットで構成されるXML形式のデータファイルである。これにより、次の効果が得られる。

    Point
  • 計測データ(点群データ)を加工しないため、データサイズが肥大化しない
  • 属性情報(点群メタデータ、領域データファイル)をそれぞれ別ファイルで定義するため、データ交換が容易
  • 定義した属性情報(点群メタデータ、領域データファイル)は、再利用が可能
  • 属性情報(点群メタデータ、領域データファイル)の精度は、処理対象のデータ特性に影響を受けない
  • 図面や画像等の外部ファイルを関連付けることが可能
  • 領域データファイルが点群データに対するフィルタの役割を担うことで、使途に応じて必要な箇所の点群データを容易に抽出できる(下図参照)
領域データファイルを用いた点群データの抽出イメージ

運用のイメージ

運用イメージを図に示す。

点群メタデータと領域データファイルによる運用イメージ

図に示す通り、2012年10月の点群データから領域データファイルを生成して蓄積する。 その後、2017年10月に計測した点群データと2012年10月の領域データとを重ね合わせて点群データを抽出することで、地物の変状等を把握することができる。

ページトップへ